格安名刺作成、箔押し名刺印刷、エンボス加工、特殊加工、横断幕製作、安いオフセット印刷名刺ならDPrinting(ディープリンティング)

ID(E-MAIL):
パスワード:

ID/PWを忘れた方はこちら >>

会員登録
マイカート

営業カレンダー
2018年9月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2018年10月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

弊社休業日

ご注文受付は年中無休ですが、注文確認やお問い合わせへのご返答は翌営業日とさせていただいております。
営業時間:平日09:30~18:00

工場メンテナンス日

営業所は通常営業しておりますが、印刷工場が稼働しない為営業日に換算されませんのでご注意下さい。


カスタマーセンター

TEL : 03-5312-6020

FAX : 03-5312-6021

info@digitalprinting.co.jp

営業時間 : 平日09:30~18:00

定休日 : 土・日・祝

名刺印刷の情報配信するツイッター 格安名刺加工の情報を配信するフェイスブック 名刺の作成・印刷情報を配信するインスタグラム
名刺の作成・印刷の通訳
  1. > HOME
  2. > 利用ガイド
  3. > MS Officeでの作業時の注意事項

[共通]印刷データ作成時の注意点
[Adobe Illustrator]作業ガイド
[MS Office]作業ガイド

MS Officeでの作業ガイド

MS Officeでの作業ガイド
1.データ作成注意点
2.入稿データ保存方法
3.作成データの確認
[オプション]特殊加工について(MS Word)
[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)


1.データ作成注意点

PowerPointやWordなどMicrosoft Officeは、印刷専用ソフトではないためRGBカラーでデータが作成されています。
弊社にてカラーモードをRGBからCMYKに変換する際、色目が大きく変わる場合がございます。
※イエローは“緑色”に、ピンクは“紫色”に近い色合いで表現される傾向がございます。

●写真などの画像は大きいサイズのデータ(原本)をMSオフィスで読み込んでからサイズを調整してください。

STEP.1
画像の原本をMSオフィスのソフトに入れます
STEP.2
MSオフィスのソフトでサイズ調整をすると綺麗に印刷されます。
MS Officeでの作業ガイド
1.データ作成注意点
2.入稿データ保存方法
3.作成データの確認
[オプション]特殊加工について(MS Word)
[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)


2.入稿データ保存方法

STEP.1
作業したデータはPDFで保存して入稿して下さい。
STEP.2
Microsoft Office2010以降のバージョンは「ファイル」→「名前を付けて保存」→「ファイルの種類」からPDFの形式が選択できます。

●Microsoft Office2007はPDF/XPS 保存アドインを設置してPDF保存が利用できます。

 「Microsoft Office2007のPDF/XPS 保存アドイン」ページへ

MS Officeでの作業ガイド
1.データ作成注意点
2.入稿データ保存方法
3.作成データの確認
[オプション]特殊加工について(MS Word)
[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)


3.作成データの確認

作成したデータをPDFに保存するとき、字間・書体などに誤りが発生する場合がございます。
必ず、データ入稿の前にAdobe Acrobatで保存したPDFデータが
作成したデータと一致するかを確認してください。

Adobe Acrobat Reader 無料ダウンロードページへ 

保存の際は、必ずフォントが埋め込みになっているかを確認してください

STEP.1
Acrobat で確認する PDF ファイルを開きます。
STEP.2
[ファイル]→[プロパティ]を選択します。
STEP.3
正しくデータが作成されていると[フォント]タブのフォント名の横に「(埋め込みト)又は(埋め込みサブセット)」が表示されます。
※注意事項
フォントが埋め込まれていない場合「実際のフォント」が表示されます。
この場合は印刷ができない為、違う方法にてPDFを作成をお願いいたします。
フォントがすべて埋め込まれているのを確認してください。
MS Officeでの作業ガイド | ワード・パワーポイント等MSオフィスでかんたんに名刺を注文!
1.データ作成注意点
2.入稿データ保存方法
3.作成データの確認
[オプション]特殊加工について(MS Word)
[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)


[オプション]特殊加工について(MS Word)

箔押し、エンボス、型押し等 / 加工オプションのデータ作成方法

Microsoft Officeで作られたデーターは文字のみ加工対応となります。
加工印刷を注文する方はページを作って加工部分を表記してください。

印刷面:印刷、加工工程に入るスライド  /  加工指定面:加工部分を判別するための説明ページ

STEP.1

作業データ(印刷面)の最下段でCtrl + Enter を押して新しいページを作ります。
STEP.2

新しいページ(加工指定面)に加工する部分を表記します。
STEP.3

※加工が2ヶ所以上ある場合は簡単な説明も入れてください。
 印刷面に配置した部分が実際の加工作業に入る部分になる為、
 加工指定面の説明文や説明などによるズレは印刷に反映されません。
※注意事項

※MS OFFICEのデータの場合は画像部分の加工に対応できません。
 文字のみ対応しますのでご注意ください。
※エンボス、型押し加工の注意事項


※エンボス、型押し加工は基本印刷の上に加工が入ります。
 印刷を除いて加工のみをしたい方は加工指定面に必ず「印刷なし」と表記してください。

基本型押し

印刷なし型押し
MS Officeでの作業ガイド
1.データ作成注意点
2.入稿データ保存方法
3.作成データの確認
[オプション]特殊加工について(MS Word)
[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)


[オプション]特殊加工について(MS PowerPoint)

箔押し、エンボス、型押し等 / 加工オプションのデータ作成方法

Microsoft Officeで作られたデーターは文字のみ加工対応となります。
加工印刷を注文する方はページを作って加工部分を表記してください。

印刷スライド:印刷、加工に入るスライド  /  加工スライド:加工部分を判別するための説明スライド

STEP.1

作業スライドを右クリックしてスライドを複製します。
STEP.2

複製したスライドで加工部分のみを残してすべて削除し、加工の内容を書きます。
STEP.3

※加工が2ヶ所以上ある場合は簡単な説明も入れてください。
 印刷スライドに配置した部分が実際の加工作業に入る部分になる為、
 加工スライドの説明文や説明などによるズレは印刷に反映されません。
※注意事項

※MS OFFICEのデータの場合は画像部分の加工に対応できません。
 文字のみ対応しますのでご注意ください。
※エンボス、型押し加工の注意事項

※エンボス、型押し加工は基本印刷の上に加工が入ります。
 印刷を除いて加工のみをしたい方は加工指定面に必ず「印刷なし」と表記してください。

基本型押し

印刷なし型押し